投資と視力の関係

レーシック手術中の痛みやレーシック手術後の傷跡

レーシック手術をする人は、レーシック手術に対して気になることが多いと思います。
その中でも、レーシック手術中の痛みやレーシック手術後の傷跡は、最も気になることなのではないでしょうか。
それでは、レーシック手術中の痛みやレーシック手術後の傷跡について説明したいと思います。
まずは、レーシック手術中の痛みについて見ていってみましょう。
レーシック手術は、目に直接手術を施すものなので、レーシック手術中に痛みを感じると思っている人も多いと思います。
しかし、レーシック手術中の痛みという点に関しては、ほぼ感じないと言っても過言ではないでしょう。
レーシック手術をする前には、点眼タイプの局部麻酔をすることになります。
この局部麻酔のおかげで、レーシック手術中に痛みを感じるということはないのです。
しかし、眼球を触られているという感覚はあるので、少しムズムズするかもしれません。
次に、レーシック手術後の傷跡について見ていってみましょう。
レーシック手術は、角膜を切り取る手術となっていることから、傷跡は必ず残ります。
しかし、その傷跡も非常に小さいものなので、肉眼で確認出来るということはありません。
つまり、傷跡に関しては、心配する必要がないと言えるでしょう。
どうしても傷跡が心配だと言う人は、「エピレーシック」という手術方法がオススメです。
エピレーシックは、レーシック手術の中でも、傷跡が目立たない手術方法となっています。